ベネクスのリカバリーウエア、70万着突破 独、中国に続きアジア展開加速 (1/2ページ)

リカバリーウエアをアピールするベネクスの中村太一社長
リカバリーウエアをアピールするベネクスの中村太一社長【拡大】

 ベネクスが製造販売する「リカバリー(疲労回復)ウエア」の販売数量が2010年2月の発売以来、累計70万着を突破した。「着るだけで疲れがとれて安眠できる」との国内外のアスリートによる口コミがブームに火をつけ、いまは慢性疲労のビジネスパーソンや健康志向の女性、シニア層へとファンを広げている。日本発の技術は、ドイツなど海外での評価が高い。中村太一社長は「20年の東京五輪は、国内外への情報発信のハブとなるだけに最大の商機だ」と今後の海外展開に意欲を燃やしている。

 着るだけで疲労回復

 リカバリーウエアは、繊維に織り込まれたナノプラチナが発する電磁波の一種である微弱な遠赤外線が筋肉の緊張をほぐし、血流を良くする効果があり、着るだけで疲労回復につながるという。

 中村社長は、有料老人ホームの運営などのコンサルティング会社でキャリアをスタート。床ずれを解消できる、ベッドマットで寝たきりのお年寄りを救いたい一心で起業した。

 06年にプラチナ鉱物の微弱な電磁波が副交感神経を優位にして睡眠の質が向上し、疲労回復効果があることを発見。ナノプラチナを効果的な配合で組み合わせた、特殊素材「PHT」を完成させ、翌年PHTを織り込んだ新繊維を開発した。

 満を持して、この技術でベッドパットを商品化するはずが、高額で売れずじまい。それでも諦めずに、その生地で、介護士向けに疲労回復を狙ったTシャツを展示会に出品したところ、「アスリートの疲労回復にと」大手スポーツジムのバイヤーの目に留まり、試験販売も上々だった。

続きを読む