制約からの解放、Vチューバー事業続々 架空キャラで動画配信、収益化の道筋描けるか (1/2ページ)

カドカワグループのドワンゴはVR技術を生かしたVチューバー事業を展開する=東京都港区
カドカワグループのドワンゴはVR技術を生かしたVチューバー事業を展開する=東京都港区【拡大】

 CG(コンピューターグラフィックス)など、架空のキャラクターを配信者として登場させた動画をユーチューブに投稿する「バーチャルユーチューバー(Vチューバー)」事業への企業参入が本格化している。インターネット動画の視聴者は若年層が中心で、音楽などのイベントビジネスのほかに、広告や宣伝への活用にも期待が高まるからだ。ただ、誕生したばかりの市場だけに、収益化の道筋を描けるかが試されている。

 「肉体的な制約から解放され、なりたい自分で生きられる世界を実現したい」

 グリー傘下のライトフライヤーライブエンターテインメントの荒木英士社長は7日に開いた事業説明会でこう述べた。

 同社は、Vチューバー専用のライブ配信プラットフォームの提供を同日開始した。専用アプリをダウンロードすれば、ライブ配信をしているVチューバーにメッセージや仮想のプレゼントを送って、交流することができる。今秋にはスマートフォンだけでキャラクターを制作し、誰でもVチューバーとして動画配信をできるようにする。

 荒木氏は「立ち上がったばかりで短期的な収益化を焦っているわけではない」と話すが、グリーは2年間で約100億円の投資を計画する力の入れようだ。

続きを読む