【イベント プレビュー&レビュー】「熊本祭」 県産食材使った中国料理を満喫

ランチコースは全7品で構成する
ランチコースは全7品で構成する【拡大】

  • 「熊本祭」で提供しているディナーコース

 ■ハイアット リージェンシー 東京

 ハイアット リージェンシー 東京(東京都新宿区)は、熊本県の食材を使用したコース料理「熊本祭」を、中国料理「翡翠宮(ひすいきゅう)」(1階)で10月8日まで提供している。

 同コースは、熊本県天草出身である中国料理長の林浩勝(ひろかつ)氏が、同県の名産品の中から自ら食材を厳選し、卓越した技術と感性で同県産の食材と中国料理を融合させたさまざまなメニューを提案。

 ディナーコースは全8品で構成。天草豚など産地の味わいをさまざまなスタイルで楽しめる「彩り前菜盛り合わせ」をはじめ、熊本の保存食「干し筍」を使った「あわびとなまこ、干し筍の醤油煮込み」、車エビや白身魚をスパイシーに味付けして香ばしく揚げた「車海老と羽太のスパイシー揚げ あおさ入りスパイス風味」、名物のからし蓮根をイメージしたシューマイなど、地元を知り尽くした林氏ならではの創作メニューをそろえた。料金は1人1万6632円(税・サービス料込み)。

 ランチコースは、同県産のローカルフード「太平燕(タイピーエン)」からインスピレーションを得た「鯛とあおさ入り濃厚とろみスープ」のほか、「天草大王鶏のカレークリームソース煮こみ 土鍋仕立て」など全7品で提供している。料金は1人7128円(同)。なお、両コースとも2人から受け付けている。いずれも予約制。

                   ◇

 ▽イベント名=「熊本祭」

 ▽期間=10月8日まで

 ▽提供時間=ランチは午前11時半~午後2時半、ディナーは午後5時半~9時

 ▽料金=ランチコースは1人7128円、ディナーコースは1万6632円。いずれも税・サービス料込み

 ▽予約・問い合わせ=(電)03・3348・1234

 ▽URL=tokyo.regency.hyatt.jp