トルコ工場着工、リラ急落で延期 東洋インキ

 東洋インキSCホールディングス(HD)が、2018年下半期に予定していたトルコ工場の着工を半年から1年程度、延期することが27日、分かった。トルコの通貨リラ急落で、トルコ国外から調達する建設資材の費用が膨らむため。トルコ経済の動向を見極める。

 建設を予定していたのは、食品などの包装用インキに使う樹脂製品を製造する工場。現地の工業団地に既に約6万2000平方メートルの土地を取得している。

 東洋インキは中東や東欧諸国への展開強化に向けて、15年にトルコに販売会社を設立し、16年に現地のインキメーカーを買収していた。