空飛ぶタクシー、日本も候補 ウーバー、5カ国から試験地選定

東京都内で講演するウーバー・テクノロジーズのバーニー・ハーフォード最高執行責任者=30日
東京都内で講演するウーバー・テクノロジーズのバーニー・ハーフォード最高執行責任者=30日【拡大】

 米配車大手ウーバー・テクノロジーズは30日、実用化を目指す空飛ぶタクシー「ウーバーエア」の試験飛行の候補地を日本など5カ国から選ぶと発表した。半年以内に決定する。既に米ダラス・フォートワースとロサンゼルスでの試験は決まっている。ウーバーは空飛ぶタクシーについて、2020年に試験飛行を実施し、23年にサービス開始を目指している。

 5カ国は日本のほか、インド、オーストラリア、ブラジル、フランス。ウーバーは日本を「世界で最も優れた公共交通システムの国の一つ」とした。

 空飛ぶタクシーは、スマートフォンで利用を依頼する。現時点では、車両は100%電動で垂直に離着陸でき、高度300~600メートルを最高時速320キロで移動、1回の充電で最長96キロを飛べるようにする計画だ。

 バーニー・ハーフォード最高執行責任者は東京都内で講演し、空飛ぶタクシーは新たな移動手段として効率的で、時間を大幅に節約できると説明した。料理の宅配サービスといった「物流にも新しい商機が生まれる」とも訴えた。