マツダ、国内生産4万4000台減 西日本豪雨で損失額280億円

操業を休止していた広島県のマツダ本社工場
操業を休止していた広島県のマツダ本社工場【拡大】

 マツダは21日、7月の西日本豪雨で工場が被災した影響で生じる損失が現時点の概算で約280億円にのぼるとの見通しを公表した。7~9月初旬の生産台数が当初計画から4万4000台減ったほか、海外で生産する車両向けの部品も2万3000台分供給できなかったため。

 損失は予定通りに生産していれば計上できたはずの利益がなくなったことを反映するもので、営業利益が下押しされる。マツダは2019年3月期通期連結業績予想で営業利益1050億円、最終利益800億円を見込んでいるが、豪雨以外の増減要因も考慮したうえで、改めて業績予想を「適切な時期に速やかに公表する」としている。

 また、当初103万9000台としていた同期の国内生産計画も修正する見通し。

 マツダは西日本豪雨で、広島市と広島県府中町にまたがる本社工場内の宇品工場と、防府工場(山口県防府市)が被災。両工場とも豪雨災害で7月9~11日に操業を停止したほか、再稼働後も従業員の残業を見合わせるなど生産ペースを落としていた。通常操業に戻ったのは災害発生から約2カ月後の9月10日だった。