経団連、就活指針は策定せず 21年春入社以降

就職活動が解禁され、各企業のブースに集まる学生たち=3月
就職活動が解禁され、各企業のブースに集まる学生たち=3月【拡大】

 大企業の採用選考の解禁時期を定めた就職・採用活動のルール「採用選考に関する指針」に関し、経団連は来月9日に開く会長・副会長会議で、現在の大学2年生が対象の2021年春入社の採用選考以降、経団連として指針を策定しないことを確認する。20年春入社まではこれまでの指針に沿って、採用面接や筆記試験の解禁は6月1日、正式内定の解禁は10月1日。

 就活ルールに関しては、前回9月3日の会見で中西宏明会長が「個人的な考え」として廃止の意向を表明。10月中にも政府と大学、経済界の協議が開かれる予定で、その前に経団連としての考え方を示す。会長・副会長会議後の会見で中西会長が報告する。

 ただ、経団連として決めるのは、「指針を策定しない」ことにとどまる。中西会長も「ルールがない方がいいと言っているわけではない」とし、今後の在り方や運用の見直しは、関係者の意見を聞きながら政府主導でまとめられる見通し。

 就活をめぐっては、外資系企業などが堂々と青田買いし、経団連の会員企業が“解禁破り”をしている例もあり、実態にそぐわないとの指摘の一方、大学などは見直しに慎重な立場だ。