パルスボッツが1.2億円を調達

 ロボット向けソフトウエア開発のパルスボッツ(東京都目黒区)は、システムインテグレーション(SI)のデジタル・インフォメーション・テクノロジーやNSDなど合計5社を引受先とする第三者割当増資を実施し、総額1億2000万円を調達した。

 パルスボッツは、2015年7月に設立。ロボット参加型の会員制交流サイト(SNS)や接客アプリを簡単に生成できる言語対応ソフトなどを開発している。調達した資金は、来年の発売を目指している、ロボットやスマートスピーカー向け会話改善ソフトの開発にあてる。