木幡計器製作所、「ガレージタイショウ」で知財相談窓口を開設

 圧力器や計測器の開発を手掛ける木幡計器製作所(大阪市大正区)は、同社が運営する起業支援施設「ガレージタイショウ」で、ものづくりベンチャー企業を対象とした無料の知的財産に関する相談窓口を開設した。大阪発明協会(同北区)の協力を得て、同協会に所属する弁理士ら専門家が相談に応じる。

 既に4日、第1回を開催したが、今後も年3、4回程度、こうした機会を設ける。同社は、ガレージタイショウで専門家による知的財産に関するセミナーなども随時開いている。