製粉各社が業務用小麦粉値上げ

 日本製粉と昭和産業は12日、業務用小麦粉の価格を12月20日出荷分から値上げすると相次いで発表した。政府が製粉会社に売り渡す輸入小麦の価格を主要5銘柄で平均2.2%引き上げたことを反映した。日本製粉は主にパンなどに使う強力粉を25キログラム当たり税抜きで25円値上げし、うどんや菓子などに使う中力・薄力粉は135円、国内産小麦100%の小麦粉は200円上げる。昭和産業は強力粉・準強力粉を25円、中力・薄力粉を130円、内麦100%粉を200円値上げする。日清製粉も12月20日出荷分から強力粉を25円、中力・薄力粉を130円、国内産小麦100%の小麦粉を190円それぞれ値上げする。