芸術家と支援者、双方向交流の場 ピクスタ

 画像・動画・音楽のデジタル素材サイトなどを運営するピクスタは、芸術家と支援者をつなぐプラットフォーム「mecelo(メセロ)」を開設した。

 芸術家は創作活動の支援者を募り、月額100円から支援金を受け取れるほか、作品を販売する機会を得られる。支援者は支援金を送ることで、毎月設定されたリターンを受け取れる。作品の感想、レビューを投稿でき、双方向でのコミュニケーションも可能だ。アートを身近にするとともに、芸術家が継続的な創作活動を続けていくことを目的に立ち上げた。

 文化庁の調べによると、日本のアート市場は関連サービスなども含めて3270億円で、美術品市場だけで2437億円となっている。一方、有名アート作品の取引が中心で、若い芸術家の作品を楽しむ文化は確立されていない。これについて同社では、「日本の多くの人はアートを通じて、どのような体験ができるかを知らない」ことを理由として挙げている。

 支援者の一人は「芸術作品の鑑賞で最も大事なことは、作家や作品と親密になること。人や物事に対し希薄になっていく親密性の回復を期待する」とコメントしている。

 今後は芸術家への仕事の依頼、企業による金銭以外の道具や場所の提供といった支援のほか、アート市場の中心である海外展開も計画している。