王子製紙、来年1月から洋紙値上げ 原燃料価格や物流費上昇で

 王子ホールディングス(HD)傘下の王子製紙は1日、洋紙を値上げすると発表した。来年1月1日以降の出荷分について、チラシに使う塗工紙などの印刷用紙は20%以上、コピー用紙などの情報用紙は10%以上、現行から値上げする。原燃料価格や物流費が上がっているためで、自助努力には限界があると判断した。同社による印刷情報用紙の値上げは昨年4月以来。

 一方、王子HDは同日、インドのグジャラート州に段ボール工場を建設し、2020年3月に生産を始めると発表した。投資額は約30億円で、生産能力は約600万平方メートル。同社にとっては東南アジア・インドで24カ所目の段ボール工場となる。