スマホ決済「ペイペイ」でシステム障害、混乱も

 ソフトバンクとヤフーが運営するスマートフォン決済サービス「ペイペイ」で4日、二重払いや支払い遅延など大規模なシステム障害が発生した。この日はペイペイを使って買い物すれば事実上2割引きになるキャンペーンの初日で、利用者が集中したことが原因。東京都内の加盟店では大行列ができるなど混乱となった。

 ペイペイによると、4日正午ごろから午後2時ごろにかけて、システムに異常が発生した。店舗側の管理画面が使用できず、サービスが全く利用できない状態となった。その後、一度は復旧したが、夜に再びトラブルが発生した。

 昼休みの時間に重なり、多くの人が加盟店のファミリーマートやビックカメラなどで、ペイペイを使って買い物した。ビックカメラ有楽町店では開店前から100人ほどの行列ができ、高額な米アップルの製品などがペイペイによる決済で多く売れた。

 ペイペイはこのキャンペーンで総額100億円を利用者に還元する計画で、先行する楽天やLINE(ライン)を猛追している。