社長とは、聖人君子か、暴君か? リーダーシップの4つのスタイル (1/4ページ)

日産のゴーン前会長
日産のゴーン前会長【拡大】

 【社長を目指す方程式】

 こんにちは、経営者JPの井上です。

 日産・ゴーン前会長の電撃逮捕からおよそ1カ月。報道は、ゴーン容疑者の報酬に関する違法性についてと、日産・ルノー(・三菱)の今後のグループ経営に関する動静、そしてゴーン氏自体の経営者としての力量を問うものとに分かれています。

 事件の容疑については捜査の進展を待つしかありませんが、さてでは、いわゆる「カリスマ型リーダー」と言われてきたゴーン氏は、経営者として問題だったのでしょうか?

 ◆リーダーシップの4つのスタイル

 リーダーシップには幾つかのスタイルがあります。時代の変遷と共にそのスタイルは作られてきました。産業革命以降のピラミッド型官僚組織、日本の戦前戦後の古き良き村社会、90年代からのグローバル経済の中でのカリスマ型礼賛、21世紀以降のアジャイル&やりがい時代の「サーバント・リーダーシップ」、そしてこれから~。

 慶応義塾大学大学院理工学研究科の特任教授、立命館大学大学院テクノロジー・マネジメント研究科の客員教授を務める小杉俊哉さん(THS経営組織研究所代表)と当社で、リーダーシップの発展理論を明らかにしたものがあります(「リーダーシップ3.0(R)」「リーダーシップ4.0(R)」)。

 そこではリーダーシップを「1.0」「1.5」「2.0」「3.0」そして「4.0」と位置付けています。ご紹介してみましょう。

 「リーダーシップ1.0」は、古典的な官僚型組織、権威型組織でのマネジメントを指しています。権力、権限をふるうトップダウンで「あれをやれ」「これをやれ」というスタイルですね。

 そこから日本の高度成長時代に見たリーダーシップスタイルを「リーダーシップ1.5(調整者型)」と呼んでいます。これは、ムラ型的でありつつ、その中で結構、現場を活かすことや意見を取り入れること、また集団としての仲の良さ、和気藹々としたものが組織に活かされるリーダーシップの時代でした。日本的雇用の「三種の神器」的なやり方が、世界のお手本とされ、「ジャパン・アズ・ナンバーワン」などとも言われて欧米が日本の組織を学びに来た時代でした。

今回の社長を目指す法則・方程式:

「リーダーシップ3.0/4.0」

  (1)リーダーシップ1.0→官僚型、ヒエラルキー

  (2)リーダーシップ1.5→村の中での和

  (3)リーダーシップ2.0→カリスマ型

  (4)リーダーシップ3.0→支援型

  (5)リーダーシップ4.0→一人ひとりがリーダー

グローバル化で2.0へ