キャッシュレス決済環境整備へ 連携協定締結 茨城県

キャッシュレス決済推進の連携協定を結んだ茨城県の大井川和彦知事(中央左)とOrigamiの康井義貴社長(中央右)=15日午後、茨城県庁(永井大輔撮影)
キャッシュレス決済推進の連携協定を結んだ茨城県の大井川和彦知事(中央左)とOrigamiの康井義貴社長(中央右)=15日午後、茨城県庁(永井大輔撮影)【拡大】

 茨城県は15日、キャッシュレス決済を推進するため、スマートフォンによる決済サービス事業者「Origami(オリガミ)」(東京都港区)と連携協定を締結し、大井川和彦知事と同社の康井義貴社長が協定書に署名した。キャッシュレス決済の環境を整備することで、訪日観光客の消費拡大や中小企業の活性化が期待されている。

 「世界的に見ても日本のキャッシュレス環境は遅れている」

 大井川知事は締結式でこう指摘し、「キャッシュレス決済は利便性だけでなく、消費の拡大やデータを使ったマーケティングなどメリットが大きい。キャッシュレス決済の推進で地域経済の活性化を進めていく」と述べた。

 同社が提供するキャッシュレス決済は「Origami Pay(オリガミペイ)」というスマートフォンアプリ。クレジットカードや銀行口座などを登録し、加盟店で現金を使わずにアプリで決済が可能となる。加盟店側は、新規の利用者やリピーターの数などの顧客データを経営に反映することができる。

 2月16日に水戸市で開幕する「水戸の梅まつり」で試験的に周辺の店舗などに導入する。利用者の拡大に向け、アプリの利用者には初回半額で買い物ができるクーポンを配布する予定。

 康井社長は「キャッシュレス決済は初回利用のハードルが高い。地域の人たちがお互いに薦め合えるよう、地域が主体となる活動を行って利用のハードルを下げたい」と語った。(永井大輔)