【2019 成長への展望】スポーツ振興、アジア経済連携に重点 関西経済連合会・松本正義会長 (1/2ページ)

関西経済連合会松本正義会長
関西経済連合会松本正義会長【拡大】

 --今年は2025年国際博覧会(万博)の大阪開催に向けて本格的な準備に取りかかる年だ

 「テーマに基づいた計画の具体化に向けて有識者が議論する必要があるが、誰をどのように集めるのか、まず旗振り役を決めなくてはならない。また、海外から出展を募るには、テーマをよく理解してもらう必要があるが、政府の力を借りないと難しい」

 --会場建設費の民間負担分(約400億円)はどのように調達するのか

 「(1月に設立される)日本国際博覧会協会が受け皿になるが、関経連と経団連が中心に集めざるを得ないだろう。集金に当たっては、重複がないよう経済団体同士で調整する組織も必要だ。さらに、クラウドファンディングで市民に(拠出を)お願いできれば、開催への意識付けにもなる」

 --企業ごとの寄付額をどのように決めるのか

 「経済団体や業界団体ごとに会員企業の資本金や売上高、利益など割り当ての基準があり、今回も同様のルールによって算出されると思う」

 --昨年12月に関西3空港懇談会が8年8カ月ぶりに開催されたが、今年春ごろの次回に向けた方針は

 「神戸空港について兵庫県が提案した段階的な国際化をどれだけ実現できるかが焦点だ。生涯スポーツの祭典『ワールドマスターズゲームズ』が関西で開かれる21年までに国際定期チャーター便を就航させたいという要望も考慮に入れたい。関西国際空港の周辺自治体の感情にも配慮しながら、慎重に議論を進めたい。3空港を運営する関西エアポートの意向と軌を一にすることが大事だ」

続きを読む