日本電産、一転減益に 米中貿易摩擦で下方修正

記者会見する日本電産の永守重信会長=17日午後、東京都内
記者会見する日本電産の永守重信会長=17日午後、東京都内【拡大】

 日本電産は17日、平成31年3月期の連結業績予想(国際会計基準)を下方修正し、最終利益予想を従来に比べ350億円少ない前期比14・4%減の1120億円に引き下げた。12・4%増の1470億円を予想していたが、一転して減益となる。米中貿易戦争の影響で中国経済が減速し、モーターなどの販売が想定を下回っているため。貿易戦争の影響が日本企業の業績にも影響を及ぼし始めた。

 売上高は従来予想より1500億円少ない1兆4500億円(前期比2・6%減)、本業のもうけを示す営業利益は500億円少ない1450億円(13・1%減)に引き下げた。

 需要減や在庫調整の進行が400億円の減益要因になる。下期に240億円の構造改革費用を計上することも利益を押し下げる。

 17日に東京都内で記者会見した永守重信会長は「昨年11~12月の(売上高の)落ち込みは尋常ではない。月単位でこれだけ落ちたのはおそらく経営してきて初めて」と説明。一方で「2カ月(の動向だけ)で修正するのかと思うかもしれないが、前からこういうときに早く動いてきた」とし、先行きについては「さらに悪化していくかは分からない」と述べた。