処理水方針、小委を尊重 東電社長、保管も排除せず

記者会見する東京電力の小早川智明社長=18日午後、東京都千代田区
記者会見する東京電力の小早川智明社長=18日午後、東京都千代田区【拡大】

 東京電力の小早川智明社長は18日の記者会見で、政府の小委員会で議論が続く福島第1原発の汚染水を浄化処理した後の水の処分方法を巡り、「いろんな選択肢があろうかと思う。小委でしっかり議論してもらい、その結論をどう実現していくかだ」と述べ、公聴会などで指摘が相次いだ長期保管の選択肢も排除せず、小委の検討結果を受け入れる考えを示した。

 一方で「今後、溶融核燃料の取り出しなどさまざまな作業が予定され、敷地のキャパシティーは相当きつくなっている」と述べ、廃炉作業のスペース確保のため、将来的に処分が必要との従来の立場も強調した。

 新潟県柏崎市が今年6月までの提示を求める柏崎刈羽原発1~5号機の廃炉計画に関し、「これからの柏崎刈羽原発をどう考えるか全般的に答えることになる」と述べ、福島県が早期の正式決定を要請する福島第2原発の廃炉については「検討のスピードアップを図るが、決定時期を申し上げる状況にない」とした。