オリオンビール買収へ 野村HDと米投資ファンド

オリオンビール
オリオンビール【拡大】

 野村ホールディングス(HD)と米投資ファンドのカーライル・グループが共同で、ビール大手のオリオンビール(沖縄県浦添市)の買収を検討していることが18日、明らかになった。買収額は数百億円に上る見通し。経営体制の強化や販路拡大に取り組み、収益力を高める狙いとみられる。

 オリオンは平成14年にアサヒビールと資本業務提携。アサヒがオリオンの発行済み株式の10%を保有する筆頭株主となっている。オリオンはアサヒの主力ビール「スーパードライ」をライセンス生産するほか、第3のビールの共同開発も手がける。アサヒは引き続き株式を保有し、商品開発などで協力関係を維持するとみられる。

 野村HDは昨年1月、主に地方の企業を対象に事業再生や事業承継を支援するため、総額1千億円のファンドを設立。自己資金による買収はリーマン・ショックを受けて凍結していたが、これが再開後の第1号案件となる可能性がある。

 オリオンビールは昭和32年に設立。沖縄県内を中心にビールやアルコール飲料の製造、販売を手がけ、平成30年3月期連結決算の売上高は283億円、最終利益は23億円。