アマゾン、配達ロボ実験 米西部、歩く速さで自走

23日、米ワシントン州スノホミッシュ郡で実験が始まった自走式の小型配達ロボット「アマゾン・スカウト」(アマゾン・コム提供・AP)
23日、米ワシントン州スノホミッシュ郡で実験が始まった自走式の小型配達ロボット「アマゾン・スカウト」(アマゾン・コム提供・AP)【拡大】

 米インターネット通販大手のアマゾン・コムは23日、米西部ワシントン州スノホミッシュ郡で、自走式の小型配達ロボット「アマゾン・スカウト」の実験を始めたと発表した。将来的な輸送コストの削減につなげる狙いとみられる。

 配達ロボは6つの車輪を使い、歩く速さで配達ルートを自動走行する。実験は平日昼間に実施し、6台を使用する。当初はアマゾンの従業員が配達に同行する。

 アマゾンが公開した映像では、配達ロボは住宅地の歩道や横断歩道を走行。配達先の民家に到着すると停車して、ロボの上部のふたが開き、女性が小包を取り出した。

 アマゾンは配送センターで自走式の商品棚ロボットを導入し、効率化を進めている。商品棚が従業員がいる仕分け場所まで自ら動く仕組みだ。(共同)