KDDIがカブドットコム証券に出資検討 最大1千億円

KDDIのロゴ(ロイター)
KDDIのロゴ(ロイター)【拡大】

 KDDI(au)がインターネット証券大手のカブドットコム証券への出資を検討していることが24日、分かった。最大1千億円規模を出資し、5割弱の出資比率とする方向で調整している。携帯電話を中心とした通信事業の成長が減速傾向となる中、スマートフォンを使った手軽で便利な金融サービスを新たな収益の柱に育てたい考えだ。

 関係者によると、カブドットコムを傘下に置く三菱UFJフィナンシャル・グループと出資比率などについて交渉中で、KDDIは株式公開買い付け(TOB)を通じ、株式を市場から取得するもようだ。

 カブドットコムは東京証券取引所第1部上場で、ネット証券として国内5位。KDDIはすでにネット銀行やネット保険会社にも出資しており、銀行、保険、証券という主要金融サービスがそろう。銀行や保険と同様、携帯電話利用者限定のお得な金融商品などを展開して新たな需要を開拓する。

 携帯電話料金の引き下げを求める政府の圧力や楽天の携帯電話事業参入を受け、通信事業での競争環境は今後厳しさを増す。ソフトバンクやNTTドコモなど他の携帯大手もスマホと親和性の高い金融分野での収益基盤強化を推進している。