米バズフィードが15%削減 広告伸び悩み、合併も

 米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版は24日までに、米ニュースサイトのバズフィードが社員の約15%に当たる約250人の削減を計画中だと報じた。関係者の話として伝えた。デジタル広告収入の伸び悩みが背景にあり、他のネットメディアとの合併に進む可能性もあるとしている。

 バズフィードは2006年に設立。記事のような形式の「ネーティブ広告」の先駆者として知られるが、この事業モデルでの成長が難しくなっていた。今後は電子商取引(EC)など、収益性の高い分野への投資を増やすという。

 デジタル広告は米グーグルや米フェイスブックが高いシェアを占める。多くのネットメディアは規模の拡大が必要として、競合他社との取引を検討しているという。(共同)