大阪IRで太陽光発電 香港・メルコリゾーツ副社長明かす (1/2ページ)

 【マカオ=黒川信雄】カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の中国・香港大手、メルコリゾーツ&エンターテインメントのフレデリック・ウィンクラー上級副社長は25日までにマカオで産経新聞社のインタビューに応じ、大阪で同社が建設を目指すIRで太陽光や風力発電などを積極的に取り入れる方針を表明し、「設備の供給をめぐり、日本企業と協議を進めている」と明かした。

 ウィンクラー氏によれば、メルコは「IR施設の壁面に、映像も表示できるガラス状の太陽光発電パネルを設置する」計画という。風力発電設備も建物に組み込む形で設置するとしている。同氏は大阪のIRを「日本の技術を世界にアピールする場にすべきだ」と強調し、中小企業とも協業すると述べた。

 今月15日に訪日したメルコのローレンス・ホー会長兼最高経営責任者(CEO)は、大阪のIRのコンセプトを「未来都市」とし、環境対策に力を入れる姿勢を示していた。

 ウィンクラー氏によると、大阪では施設内での水資源の再利用や、屋上での庭園設置による建物内の熱効率の向上、プラスチックごみの減量なども重視するという。

続きを読む