【5時から作家塾】落書きが変身! 世界でひとつだけのぬいぐるみを作ってくれる工房に注文相次ぐ (1/4ページ)

 みなさんは小さい頃に落書きをしたことはあるだろうか。ノートや画用紙、チラシの裏なんかに、いろんな絵を描いて遊んだ記憶は誰もが持っていると思う。

 そんな落書きを「ぬいぐるみ」にしてくれる工房がある。兵庫県芦屋市にある「エソラワークス」という小さな工房だ。

 エソラワークスでは、子どもの落書きを送れば、職人さんが立体化してくれる。1体ずつ手作りのため、製作できるのは月に100体程度。そのため1ヶ月から2ヶ月待ちの人気になっている。

子どもが描いた落書きをぬいぐるみにしてくれる、めずらしいサービス。10歳ぐらいまでのお子さんを対象としている

子どもが描いた落書きをぬいぐるみにしてくれる、めずらしいサービス。10歳ぐらいまでのお子さんを対象としている

 芦屋市の閑静な住宅街にある工房におじゃまをした。住居の一室を使った工房に入ると、可愛らしいぬいぐるみが飾られ、棚にはカラフルな布地やボタン、装飾品が並んでいる。壁を見ると、お客さんからお礼のメールや手紙が貼られており、とても温かい雰囲気に包まれている。そんな第一印象を感じた。

 この工房を開いたのは、白石哲一さん(44)。現在6名のスタッフがぬいぐるみ作りを担当。白石さんは、このぬいぐるみを「クリッチャ」(クリエイト+おもちゃという意味の造語)と呼んでいる。

 「それぞれの注文に物語があって、作る側としても楽しい」

 クリッチャ製作の流れはこうだ。まず、ホームページから落書きを送ると、スタッフが画像を見て見積りを作る。それを発注者に返送。OKが取れたら製作開始。

「お子さんが喜んでもらえる面白いものにしたい」