IT

AI・人工知能EXPO開幕 感情データ化、集う新技術 (1/2ページ)

 国内最大級の人工知能(AI)技術の展示会「AI・人工知能EXPO」が3日、東京都江東区の東京ビッグサイトで開幕した。AIを使って脳波を分析し、感情を読み取るなどの最新技術のほか、医療や製造、小売りなど幅広い業種で広がる新サービスも目立ち、AIの実用化が現実味を帯び始めた。

 展示会には250の企業と団体が出展し、ベトナムなど海外からも18団体が参加した。5日までの3日間で約5万人の来場を見込む。

 AI技術は、データの収集と利用によって、機械学習し、精度を高める好循環を生み出せるかが成功の鍵を握る。各社とも創意工夫を凝らした循環モデルをアピールした。

 京都大学の文書解析技術を応用したインサイトテック(東京都新宿区)は、消費者に不満に思ったことを書き込んでもらい、ギフト券に交換できるポイントを付与するサービスを手がける。AIが提携先の企業に役立つ書き込みを抽出する。2015年に開始した同サービスには約1500万件の「不満」が寄せられ、日産自動車など約100社が商品開発などに利用している。年間約300万件が新たに書き込まれており、そのデータをもとにAIが学習するという。

 15年に創業した東京大学発のAIベンチャー「ストックマーク」(東京都港区)は国内外約3万メディアのニュースを分析し、関連する企業にニュースを配信している。前後の文脈を理解する自然言語処理技術で、関連性のあるニュースだけを選別でき、内容もAIが自動で要約してくれる。精度を高めた言語処理技術を応用し、2月から営業メモなど社内情報を管理する新サービスを始めたという。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus