試乗スケッチ

車格を上げた新型「Z4」は迷走してきたBMWロードスターの“結論”だ (3/3ページ)

木下隆之

 最新モデルのZ4は、冒頭に紹介したように、車格を増して誕生した。それはBMWのロードスターの結論のような気がする。いまBMWが声高に叫ぶオープンエアモータリングの基本形なのだ。

 走りは驚くほどスポーティーだったことを報告しておこう。搭載する直列6気筒3リッターツインターボエンジンは、トップエンドまで刺激的に吹け上がる。コーナリング特性は切れ味の鋭いタイプだ。俊敏にワインディングを駆け回る。それでいて、穏やかにドライブしている時には従順でしつけもいい。攻撃性と優しさが頃合いよく同居しているのだ。

 太陽の光を浴び、爽やかな風を襟首に感じながらのオープンエアモータリングが心地いい季節になった。それをめがけてBMWはZ4を投入してきた。しばらく目が離せない。

 【試乗スケッチ】は、レーシングドライバーで自動車評論家の木下隆之さんが、今話題の興味深いクルマを紹介する試乗コラムです。更新は原則隔週火曜日。アーカイブはこちらから。

 木下さんがSankeiBizで好評連載中のコラム【クルマ三昧】はこちらから。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus