スポーツbiz

現役時代の実績、引退後にも大きく影響 CM出演料に差 (1/2ページ)

 プロ野球も、海の向こうの大リーグも連日、大きな話題をなげかけてくる。右肘の故障、トミー・ジョン手術から復帰したロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手に日本時間14日、待望のホームランがうまれた。ツインズ戦の三回無死三塁、大谷が放った打球は左翼席に飛び込んだ。今季26打席目の初アーチだ。「いい場面で打てましたね。打席でもボールがよく見えていましたから…」。淡々と語る大谷らしさも戻り、ファンもひと安心だろう。(産経新聞客員論説委員・佐野慎輔)

“ブランド”を確立

 ところで、その大谷選手のCM1本当たりの出演料はどのくらいだろうか? ふと気になって調べてみたら、2億円台との答えがあった。テニスの錦織圭選手や大坂なおみ選手と肩を並べる日本選手ではトップクラスの出演料である。

 なぜ、唐突に大谷選手のCM出演料が気になったかというと、ネットサーフィンをしていたら、現役引退したイチローさんの2019年度のCM出演料が7500万円で、引退した日本のアスリートではトップだとする記事を見つけたからだ。

 これは写真週刊誌「FLASH」の編集部が、大手広告代理店が6000社のクライアントに提示した資料から男女タレントと引退選手の3部門に分けて集計したものだという。

 イチローさんをトップに、松岡修造さんの6000万円、長嶋茂雄さん5000万円、そして松井秀喜さん、長嶋一茂さんと続く。このうち松岡さん、一茂さんはタレントとしての要素も加わるので、純粋に引退アスリートとなると、イチロー、長嶋茂雄、松井の各氏がトップ3となり、なるほどなあと思わせる結果ではあった。

 ちなみに、長嶋さんが前年度と変わらない金額だったのに対し、イチローさんは18年度の5000万円から2500万円も上昇した。数々の記録とともに今年3月限りで現役生活を退いた話題性が大きく加味されたものである。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus