乗るログ

レクサスRC、誕生から5年目の進化 V6ガソリン車とHVをダブル試乗 (1/4ページ)

SankeiBiz編集部

 前回の【乗るログ】は富士スピードウェイを舞台にレクサスのハイパフォーマンス・スポーツクーペ「RC F」に試乗したが、今回はそのベース車両である「RC」を取り上げる。マイナーチェンジを経て何がどう変わったのか-。ガソリン車とハイブリッド車(HV)を試した。(文・写真 大竹信生/SankeiBiz編集部)

 5月下旬に行われたレクサスRC Fのサーキット試乗会。そこには数台のRCも持ち込まれていた。2014年10月に発売され、昨年末にマイナーチェンジが施された後輪駆動(FR)の2ドアクーペだ。

 「9時から12時までの間でしたらRCにお乗りいただけます。どちらのグレードをご希望でしょうか」-。会場に到着すると、レクサス関係者から試乗車の案内があった。RCの現行ラインアップは下記3モデルに大別され、会場にはほぼ全てのモデルとグレードが持ち込まれていた。サーキット走行会が始まるまでの“プチ試乗”だ。

レクサスRCの現行3モデル

・RC350  [3.5リッターV型6気筒]

・RC300h [2.5リッター直列4気筒+モーター]

・RC300  [2.0リッター直列4気筒ターボ]

 まずはガソリンモデルを試乗

 時間が限られているため試乗できるのは2モデル。まずはガソリンモデルの「RC350」を選択した。グレードは落ち着いた雰囲気の「バージョンL」とスポーツマインドを注入した「Fスポーツ」の二択から後者をチョイス。ボディカラーはFスポーツ専用色のイエロー(ネープルスイエロー・コントラスト・レイヤリング)だ。

 RC350のパワートレーンは、3.5リッターV6エンジン(最大出力318PS/6600rpm、最大トルク38.7kgfm/4800rpm)に8速ATが組み合わされている。さっそくサーキット周辺の一般道で走らせてみると、すぐに胸がすくような走行フィールを実感することができる。V6ガソリンエンジンによる力強く伸びやかなパワーフィールとクリアな高音サウンドは、ドライバーに「回す楽しさ」を与えてくれるし、ハンドルの裏にあるパドルシフトで変速ができる「Mポジション」に切り替えれば「操る楽しさ」も味わえる。ついでにドライブモードセレクターで「スポーツS+」を選べば、スポーティーなハンドリングと、官能的なサウンドを奏でる高回転型の鋭いレスポンスが得られる。それはまるでスペックの異なるクルマに乗り換えたかのような豹変ぶりで、かなりダイナミックな走りを体験できるのだ。個人的にはターボやモーターといった他力を乞わない“自立した力強さ”が非常に魅力的に映った。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus