高論卓説

中国、進む「下沈市場」開拓 地方3線都市、消費活発で存在感増す (1/2ページ)

 最近、中国の経済に対してマイナスのイメージが広がっている。今年に入ってからは新車販売台数の下落が顕著で、確かに6月の販売台数が前年同月比9.6%の減少と、12カ月連続での下落となっている。

 さらに2018年の下半期から「BAT」と呼ばれる中国IT業界トップ3からその関連会社で人員削減や給与の下向き調整が行われ、昨今の米中貿易戦争である。

 周知の通り、現時点ではこれ以上の悪化は避けられたが、それも今後どう転ぶか分からない。一時的に収まっていた「中国経済崩壊論」が、また少しずつ首をもたげているような印象さえ受ける。しかし、こうした部分で中国経済が「限界」と結論付けるのは早計であるような気がする。

 当社(トレンドExpress)のクチコミデータバンク「トレンドViewer」に登録されている日本商品を「買った」というクチコミ件数は、18年上半期が447万318件だったのに対し、19年上半期は600万件を超えている。前年同期比で34%増となった。

 同様に「買いたい」クチコミ件数も18年上半期の約310万件に対し、19年上半期が約580万件と倍近い伸びとなり、日本商品に限ったことながら、彼らの消費意欲そのものにブレーキがかかっている気配は見えないのである。

 6月14日に発表された19年1月~5月期の社会消費品小売総額も16兆1332億元で、前年同期比8.1%増と、増加率は若干の下落が見られるものの、依然、成長段階にあると認識していいように思える。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus