5時から作家塾

タイで快進撃、在留邦人・旅行者も利用する「グラブ」 その裏で起こる課題 (1/3ページ)

 配車アプリ「グラブ(Grab)」のタイでの快進撃が止まらない。2018年4月にトップシェアを誇っていた「ウーバー・テクノロジーズ」(米)が東南アジア市場から撤退し、事業をすべてグラブへ譲渡し統合したため業界トップへ躍り出た。

 タイでは、タクシーのように利用できる配車サービスの他、昨年スタートさせたデリバリーサービス「グラブフード」、さらにホテル予約サービスをホテル予約サイト最大手「ブッキングドットコム」(米)と提携して始めるなどサービスを多角化させている。

 グラブのメインサービスである配車サービスは、タクシーのサービスレベルが低く、いわゆるボッタクリで悪名が高いベトナムやフィリピン、インドネシアなどで特に重宝され利用者を増やしている。

 タイでも日本人旅行者や出張者だけでなく、現地在住者の利用も増えている。

 高いか?手頃か? 運賃に差

 タイの首都バンコクでグラブを利用すると、一般のメータータクシーより運賃は総じて高い。たとえば国際空港からバンコクの市街まで(※)高速を使わずにメーターで230バーツ(約810円)ほどで行けるが、グラブだと316から436バーツ(約1120円~1540円)と表示された。車種などにより運賃に差があり、そこから利用したい車を選択する仕組みだ。(※スワンナプーム国際空港から高架鉄道のBTSアソーク駅まで移動した場合、直線距離約21km)

 観光立国でありASEANを代表する大都市でもあるバンコクは、都市インフラが整っており、タクシー網も成熟している。そのため、タイでは悪徳タクシー天国のベトナムのような悪質なボッタクリは少ないが、最初からメーターを使わず言い値で乗車させるタクシーは少なくない。さらに、バンコクへの短期滞在者や在留邦人を悩ませるのは、バンコクは場所によって乗車拒否が常習化していることだ。

 「グラブなら多少高くても乗車拒否されずに確実に乗ることができるので、乗車拒否が多い場所から移動するときにはグラブを使っています」(タイ在住17年の日本人男性)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus