ハザードマップ

タケヤ/ブランドエックス 音楽ソフト、ネット配信台頭で赤字 (1/2ページ)

 音楽ソフト、ネット配信台頭で赤字

 ▼タケヤ タケヤは8月30日、東京地裁に民事再生法の適用を申請した。

 同社は婦人靴、スニーカー、サンダルなど靴商品全般を取り扱う老舗の小売業者。ショッピングモールなどに専門店「CROCEED(クロシード)」「Take5」「coche et coche(コシュエコシュ)」などを展開し、全国で100店舗以上を運営していた。ブランド品からオリジナルの企画商品まで幅広く取り扱い、ピーク時の1998年2月期は売上高約130億3300万円を上げていた。

 しかし、同業他社との競合激化などから売り上げの減少に歯止めが掛からず、業績が悪化。2019年1月期は売上高が約65億円にまで落ち込み、4期連続の赤字を計上し、債務超過額が拡大した。

 経営状況の厳しさが深刻化する中、資金繰りも限界に達し、今回の措置となった。

 ▼ブランドエックス ブランドエックスは8月28日、東京地裁から破産開始の決定を受けた。

 同社はビジュアル系バンド専門のCDショップ「BrandX」を東京・池袋で運営していた。インディーズレーベルなど希少な音楽ソフトも多数取り扱い、ファンの間では非常に高い地名度があった。

 さらに、CDの販売に関連してミュージシャンやバンドメンバーとファンが交流する独自のイベントが人気を博し、これまで「SuG」や「Vivid」「Kannivalism」「彩冷える(アヤビエ)」など多数の有名バンドが出演してきた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus