メーカー

食品ロス削減に貢献、アプリやサイト注目 売れ残り直前、格安値段で紹介 (1/2ページ)

 まだ食べられるのに廃棄される「食品ロス」を減らすため、売れ残りそうになった商品を安く買えるアプリやインターネットサイトが注目されている。ベンチャー企業などがコンビニエンスストアや飲食店、メーカーと提携して運営。消費者がお得な買い物をしながら社会貢献できる。

 7月末。東京・浜松町のコンビニ「生活彩家 貿易センタービル店」を訪れた男性会社員は、スマートフォンに表示した画面を店頭のQRコードにかざした。間食用に、通常は消費税込み130円のフレンチトーストを半額の65円で買った。

 アプリは旅行会社エイチ・アイ・エスの子会社「みなとく」(東京)が開発した「No Food Loss(ノー・フード・ロス)」。販売期限が近づき棚から撤去した商品を、店のスタッフがアプリに入力して専用のケースに保管。会員に連絡が届く仕組みだ。

 生活彩家を運営するポプラ(広島市)と提携し、全国の直営店85店に導入。1店当たり、1日4~5件の利用がある。売り上げの一部はNPOを通じて発展途上国の子供の給食費に寄付。店舗はさらに拡大する計画だ。

 みなとくの沖杉大地社長は、世界中を旅して飢えた子供を目にしたことから事業を企画。「ドラッグストアやスーパーとも提携し、年間100万食の販売を目指す」と意気込んでいる。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus