金融

景気浮揚に材料乏しく、牽引役の非製造業も失速 日銀9月短観 (1/2ページ)

 日本銀行が1日発表した9月の短観では、景気維持の頼みの綱だった非製造業が落ち込み、日本経済が失速する懸念が高まってきた。米中貿易摩擦に加え、日本は消費税増税による消費低迷や欧米の中央銀行による利下げ競争、日韓関係悪化に伴う訪日客減少のリスクも抱える。景気浮揚の材料は乏しい。

 9月短観では、今年度の大企業非製造業の設備投資計画を6月調査から0.5ポイント引き下げた。

 前年度比では3.6%増とあって日銀は「引き続き高水準」と強調するが、伸び率は前年度(7.4%増)から半減。小売りや宿泊・飲食サービスなどで消費税増税による需要減退の影響を懸念する動きが際立っている。

 このため製造業の落ち込みを堅調な非製造業がカバーすることで国内景気を下支えしてきた近年の構図は崩れかねない状況だ。農林中金総合研究所の南武志主席研究員は「人手不足を背景に唯一、力強さが残っていた非製造業の設備投資が減退すれば、日本経済の推進力が失われる」と指摘。「消費税増税で内需が減ると企業の投資意欲が薄れ、(経済)減速圧力に拍車がかかりかねない」と懸念を強める。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus