高論卓説

「サイコパス」と真逆の“特性” 生きづらさ抱える「エンパス体質」

 共感能力高い人を壊さない社会に

 「エンパス」とは共感能力が極端に高い人たちのことを指す。極度に感受性の強い人たちは人口全体の20%存在するという。つまり身近に5人に1人がいるであろうという計算になる。よく耳にするのは共感性を持たない反社会的なサイコパスだと思うが、いわばエンパスはそれと真逆の特性を持つといえる存在だ。

 極度に感受性が強いことで、いったいどんな問題が起こるのだろうか。それは、他人のネガティブな感情や悲しみなどもまるで自分の感情であるかのように取り込んでしまうことにある。つまり人と相対すると、非常に疲れてしまい社会生活を続けていくことが困難になるのである。エンパス体質の人が、人混みが苦手というのは大きな特徴の一つである。エンパス体質の人は、病院に行くとパニック障害と間違われてしまうこともあるため、ぜひ共感能力が高すぎるエンパスという人たちが存在していることを理解しておいてほしい。

 エンパス体質であるかどうかを知るための簡単なチェック項目があるので、いくつかそれを紹介してみよう。例えば、人混みが苦手である、繊細すぎる、内向的すぎる、人見知りだといわれたことがある、音や匂いに敏感、ストレスがたまると過食しがち、激しい口論や怒鳴る人が極端に苦手、ノンストップで話し続ける人と一緒にいるとぐったり疲れる、化学物質過敏症、一人でいることが好き、など。日常生活では、疲れやすかったり、依存症になったり、子育ての責任に押しつぶされてしまうような人が多いという。このようなことが当てはまる人は、「エンパス体質」なのかもしれないのである。

 身近にいる家族、同僚や部下、上司がこのような特徴を持っていたということが分かり、今までの行動などに納得できることが多々あるかもしれない。

 筆者は、エンパス体質を持っているビジネスパーソンの一人に確認したことがある。その男性は、全社員2000人の企業でマーケティング部に従事している。「確かに、各部署に5人に1人くらいの割合でエンパス体質の人がいる」と肌感覚で教えてくれた。また別の人の事例だが、低周波音(一般に周波数100ヘルツ以下)が苦手でストレスなども重なり、会社を辞めたということを聞いた。低周波音は、コピー機の音や冷蔵庫、エアコンの室外機など身近な日常に存在する。エンパス体質は音にも敏感なため、筆者はそのことを聞いたときに心配になった。共感能力が高すぎて疲れてしまうエンパス体質の人は、自分自身でうまく身を守る術を持たなくてはならない。水と相性がいいということもあるので、疲れたときはさっさと席を離れ、手を洗うということを実施してみてほしい。

 これからの時代は正解がない時代である。エンパス体質の人たちは、直感力に非常に秀でている。だからこそ彼らのクリエーティブで繊細な感受性や才能を使わない手はないと思うのだがいかがだろうか。日本の人口は1億2000万人。このうちの20%がエンパス体質を持つとすれば、2400万人がこのような共感能力が高すぎて生きづらい人たちがいるということを覚えておいてほしいと切に願う。

【プロフィル】芝蘭友

 しらん・ゆう ストーリー戦略コンサルタント。グロービス経営大学院修士課程修了。経営学修士(MBA)。うぃずあっぷを2008年に設立し代表取締役に就任。大阪府出身。著書に『死ぬまでに一度は読みたいビジネス名著280の言葉』(かんき出版)がある。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus