マネジメント新時代

ポスト・コロナの自動車産業 考えるべき3つのキーワード (1/2ページ)

 新型コロナウイルスが猛威を振るっている。その中心は中国から欧州へ。さらに米国、ロシア、ブラジル、そして新興国に移っている。世界中で蔓延(まんえん)している新型コロナに対し、ポスト・コロナの自動車産業はどうなるのか。(日本電動化研究所代表取締役・和田憲一郎)

 3つのキーワード

 新型コロナに関し、地域の時期は異なるにせよ、収束に向かっても、人々の意識の中ではどうしても忘れられないものが3つあると思われる。そのキーワードが自動車産業にどう影響を及ぼすのか、考えてみたい。

 (1)ソーシャルディスタンス 言うまでもなく、人々はどうしても他人との距離をこれまで以上に保つことを意識する。これはいくら規制が解除されても同様であろう。それは屋外のみにとどまらず、室内、さらにはクルマの室内も同様である。

 自動車会社の開発に関連することであるが、今後は、室内空間を十分に取った車両が好まれるのではないだろうか。5人乗りよりも4人乗りである。車両サイズは、小さなサイズは敬遠され、中型車、ワゴン車などがこれまで以上に望まれるであろう。また、EVでいえば、充電ガンに触れないワイヤレス給電なども導入の範疇(はんちゅう)に入るのではないか。開発陣は、人々の行動思考を考慮した開発を進めることが望まれる。

 (2)感染の第2波 いったん収束したとしても、第2波、第3波が予想される。このため、自動車会社が工場を再開したとしても、ある地域で第2波に見舞われると閉鎖せざるを得ない。部品メーカーも同様である。つまり、新型コロナが波状攻撃で来ることにより、サプライチェーン(供給網)はたびたび寸断される。自動車会社としては安定しないため、生産性に大きく影響するであろう。

 (3)在宅ワーク 規制が解除となっても、全ての企業が在宅ワークから通勤ワークとはならないのではないか。例えば、どうしても出勤しなければならない日は2日間とし、それ以外は在宅ワークという手もある。これは、自動車を通勤などで使用する機会を減らし、クルマそのものの価値を下げることに繋がる。結果的に自動車販売台数の減少、もしくはコストパフォーマンスを考慮して廉価なクルマを選択するなど、販売面で悪化をもたらす。

 さらに、5月23日米レンタカー大手ハーツ・グローバル・ホールディングスが連邦破産法11条の適用を申請し経営破綻した。ハーツのようなレンタカー会社は、自動車会社からフリート車と呼ばれ、市場で売れない場合や、売れ残ってしまったクルマを大量に流す受け皿の役割を担っていた。これが破綻となると、米国では見込み生産であるため、売れ先が絞られ生産過多になるか、生産ボリューム減少につながる。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus