経済インサイド

IT活用で飲食店の「3密」回避 ウィズコロナの新しい形 (1/2ページ)

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う政府の営業・外出自粛を受けて売り上げが激減した飲食店に対し、ITを活用した新サービスや国の規制緩和による側方支援が始まった。飲食店は持ち帰りメニューの販売に力を入れたり、客席を間引いたりしながら、「3密」状態を回避する営業に努めるが、自粛期間中に失った収入を取り戻すことは容易ではない。新型コロナの感染防止と経済活動が並走する「ウィズコロナ」の時代を迎え、飲食の提供以外に収入の柱を持つことなど、「新しい生活様式」への対応がカギとなる。

 6月6日に開業した東京メトロ日比谷線の新駅「虎ノ門ヒルズ駅」に直結する虎ノ門ヒルズビジネスタワーの飲食店街「虎ノ門横丁」。創業70年の老舗やミシュランの星を獲得した名店など計26店舗が、よりリーズナブルな価格帯で料理を振る舞う。ここでは、出入り口に設置されたカメラや画面を活用し、来場者による混雑を避けるため、定員を超えた場合に入場制限を実施する仕組みを備えている。

 虎ノ門ヒルズの開発を手掛ける森ビルによると、カメラを通して来場者に発熱があるかどうかを確認する。入退場者数も把握し、画面には場内の滞留人数が表示される。来場客が集中すると防災センターに警告が通知され、警備員が出入口で入場制限を実施する流れだ。

 無料通信アプリ「LINE」にある虎ノ門横丁の公式アカウントを事前に追加しておくと、入場制限が実施された際に整理券が発行される。順番が近づくか、制限が解除されるとLINE上に通知される。人と人との接触を極力避けながら、行列を作らずに入場できる仕組みだ。

 多くの飲食店は混雑を避けるため、座席数を減らし、客席の間に仕切りを設けるなど、追加的な対策を講じている。森ビルが導入した入場制限システムは、飲食店のこうした負担を軽減する効果が期待できそうだ。

 虎ノ門横丁に出店する中国料理店「赤坂璃宮」のオーナーシェフ、譚彦彬氏は「お客さまの交通整理を任せられることはとても良い。交通整理は自分たちにはできないから」と話した。

 新型コロナの感染拡大後、真っ先に影響を受けたのは全国の飲食店だった。感染拡大に伴う入国制限を受け訪日外国人客は激減し、国や地方自治体による外出自粛の要請で仕事上の会食の機会も減少した。そんな中、飲食店が本業の飲食収入とは別の収入源を確保できるよう、新しいビジネスを提案する動きが出始めている。

 空中に立体映像(ホログラム)を映し出す機械「3D Phantom(ファントム)」の開発会社社長の大貫誠氏は、この機械を電子広告として活用することに期待している。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus