金融

経営が危険な銀行ランキング ゾンビ化している機関を見極める (2/3ページ)

 安全な銀行…セブン銀行は自己資本比率20.3%

 ランキング下位から見ていきましょう。つまり経営危険度が低い銀行から検討していきます。ランキングワースト2位のスルガ銀行は異次元緩和の中で、投資不動産向け融資で高い収益率を示していますが、不正融資が発覚しています。周りの銀行が、収益性が低下して衰弱しているなか、不正発覚前のスルガ銀行の収益性の高さは、ある意味、希望の星だったのです。お手本として見なされていた銀行が実は不正を働いていた。この事実は、銀行業界の厳しさを浮き彫りにしているといえます。

 ランキングワースト4位のコンビニATMの代表格である、セブン銀行を見ていきましょう。自己資本比率20.3%とランキングの中で唯一、2ケタ%を記録しています。ROAも2.35%とトップで、純利益の増益は97.7%です。従来型の銀行のビジネスモデルを覆した、セブン銀行が上位にランクインしていることからも、既存の形式での銀行運営が厳しいことが伺えます。

 銀行は基本的に個人から集めた資金を企業や個人などの「融資先」に貸し出し、「利子」を得ることで成り立っています。セブン銀行のビジネスモデルは、銀行業の根幹である「融資」というものがありません。個人から資金を集めて、融資もしない、店舗もないのです。セブン銀行単体の2020年3月期の経常収益は1202億円、そのうちATM受入手数料が1087億円です。従来の銀行のビジネスモデルとは全く違う道を歩んでいる銀行なのです。この新興勢力には、ジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行、楽天銀行などが存在しており、この中で手数料競争が繰り広げられていますが、その競争は、従来存在している地銀の統合とは全く、別の次元で行われています。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus