話題・その他

経済効果は年間34兆円 見本市のニューノーマルはどうなる (1/2ページ)

 企業が新製品や新技術を披露する展示会や見本市が「新しい様式(ニューノーマル)」を模索している。世界で年間34兆円超の経済効果を生んでいるが、国内では新型コロナウイルスの影響で500件近くが休止、延期している。そんな中、緊急事態宣言後初となる大規模展示会が7月29日、大阪で開幕した。商品に触れ、対面で商談する集客イベントのため、入場制限を行うなど感染症対策を強化する。一方、コロナ禍を逆手に、オンライン化してこれまでとは異なる顧客や商機を開拓しようとする機運も高まっている。(藤原由梨)

 中小企業にとって大きな商機

 宿泊、外食産業界の企業が96社、175ブース出展する「関西ホテル・レストラン・ショー」(日本能率協会など主催)が7月29日から31日にかけ、インテックス大阪(大阪市住之江区)で開催された。日本能率協会によると、今春以降、国内初となる大規模展示会だ。

 コロナ禍を受け、料理を配膳する搬送ロボットや非接触型の体温測定器などが展示されるほか、衛生管理にまつわるセミナーも実施。担当者は「中小企業にとって直接商品を見てもらえるビジネスチャンス。展示会は顔と顔を合わせて商談することが重要で、コロナ対策を徹底しながら開催していく」と話す。

 展示場の同時利用人数が5千人を下回るよう、来場者は原則インターネット上で来場日、時間帯を事前登録した。看護師も会場に常駐した。

 年々増加傾向 損失額は4兆円

 国内で開催される展示会や見本市は年々、増加傾向にある。日本展示会協会(東京都)によると、平成21年に603件だった展示会件数は令和元年には764件にまで増加した。デジタル技術が発達し、あらゆるビジネスが大きく変化する中、1企業で完結したモノづくりやサービスは難しくなっている。情報交換や協業相手探しのために、展示会の果たす役割は大きい。国際見本市連盟によると、2018年に展示会産業が世界に与えた経済波及効果は34兆円超となった。

 ところが、この活況に、コロナ禍が冷や水を浴びせている。同協会によると今年3月以降7月2日まで延期、中止となった国内の展示会は482件に上った。コロナ禍による直接的な損失額は試算していないが、国内最大の国際展示場で、東京五輪のプレスセンターとして使用予定だった東京ビッグサイト(東京都江東区)が来年11月まで利用できなかった場合の売上損失額は合計約4兆円と想定。市場規模は大きい。

 出展経費不要のオンライン

 一方、オンライン展示会への取り組みも進む。昭和27年から大阪で続いてきた日本最大級の文具・紙製品の展示会「文紙MESSE(メッセ)2020」(同協議会主催)は今年、展示場での開催は断念し、8月1日から1カ月間、インターネット上の特設サイト上で企業のPR動画や新商品を紹介している。事務局の池田文彦さんは「会場を借りない分、開催期間を長くできる。遠方からの出張費もいらない。オンラインの強みもある」と話す。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus