話題・その他

「はやぶさ2」成功を祈る日本の町工場 探査支える職人技 (1/2ページ)

 

 小惑星探査機「はやぶさ2」が小惑星リュウグウの土壌の試料を採取し、6日に6年間の旅を経て地球に帰還する。5日にリュウグウの試料が入っているとみられるカプセルを地球上空で分離し、6日未明にオーストラリア南部の砂漠に着陸させる計画だ。生命の起源の手掛かりとなる可能性があるこのプロジェクトを支えているのは多くの日本の町工場で、関係者は祈るような気持ちで帰還の時を待っている。(松村信仁)

チタン合金ボルトを手作り

 特殊ねじの開発や製造を手がけるキットセイコー(埼玉県羽生市)。従業員20人ほどのこの町工場で作られる「六角穴付きボルト」は、はやぶさ2の本体にさまざまな機器を取り付けるのに使われている。約500本が使用されているが、ボルトの大きさは直径3~6ミリを中心に長さ数センチ~30センチとさまざまだ。

 特徴的なのはその材質。64チタン合金と呼ばれるもので、インプラント(人工歯根)などにも使われ、ゴルフクラブに使用されている純チタンよりも硬い。しかも軽くて壊れにくいという。

 ねじの製造はほぼ全てが手作業。手書きの図面を見ながら、長さ3メートルほどの棒状の材料を必要な分だけ切断したり、削ったりしながら、形を整えていく。

 最近のものづくりの世界では当たり前のCAD(コンピューター支援設計)やCAM(同支援製造)といったソフトウエアを使わないアナログな世界。若手従業員が一人前として育つまでには時間がかかるが、田辺弘栄社長は「育ったときは相当高度なスキルを持った職人になっている」と話す。初代はやぶさで活躍した先輩職人が若い従業員をマンツーマンで育成し、今回は若い職人が中心になって開発に当たった。

 キットセイコーは昭和15年の創業以来、大手航空機メーカーから特殊ねじを中心に数多くの部品の開発や製造を請け負ってきた。昭和45年に打ち上げられた日本初の人工衛星「おおすみ」を始め、数多くの人工衛星の部品を担当している。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus