話題・その他

水揚げ量3倍に回復、松葉ガニを守り育てる「カニ牧場」の30年 (1/2ページ)

 鳥取県の冬の味覚「松葉ガニ」(ズワイガニ)漁が11月6日、解禁される。福井では越前ガニ、京都では間人(たいざ)ガニなどと水揚げ地によって名前を変える日本海の特産品。カニの漁獲量日本一を誇る鳥取県では30年前の平成3年度、ズワイガニの水揚げ量が約309トンにまで落ち込んだが、現在ではその3倍の900トン程度にまで回復し、資源枯渇の危機を脱した。背景には、漁期などの自主規制とともにカニを守り育てる「カニ牧場」の取り組みがあった。

 面積は東京ドーム2340個分

 「蟹取県(かにとりけん)」。鳥取県は平成29年から本格的にこの呼称を使い、全国に松葉ガニ産地としての魅力を発信している。

 蟹取県を名乗る理由として5つの日本一を掲げる。ベニズワイガニを含めたカニの「水揚げ量」「消費量」「新鮮活きガニの出荷」「カニにかける思い」、そして「カニの牧場面積」が、その5つ。

 カニ牧場は鳥取県沖の日本海、深さ約250メートルの海域5カ所に設けられており、面積は1万1320ヘクタール、東京ドーム2340個分の広さになる。牧場といっても、柵があるわけでもエサがまかれているわけでもない。高さ、横幅、奥行き各3・5メートルの立方体コンクリート魚礁を海底に沈めたカニの保護区だ。

 鳥取県の松葉ガニ漁は、水揚げの統計がある昭和27年度以降では38年度の5280トンを最高に、平成3年度には最高時の6%弱にとどまる309トンにまで減少した。乱獲による資源枯渇が原因で、この状況に危機感を覚えた県は翌4年度にカニ牧場建設に着手し、12年度まで9年間継続した。

 県としての取り組みはここでいったん終わったが、19年度からは、国が「フロンティア漁場整備事業」として、日本海の排他的経済水域(EEZ)で同様の施策を実施。こちらは大きいもので5メートルの立方体魚礁を約200~500メートルの海域に沈めており現在も続いている。

 最少漁獲量の3倍で安定

 松葉ガニは、計12回の脱皮を繰り返し9~10年で成体となり、寿命は約15年とされる。

 カニ牧場の効果について、県水産試験場海洋資源室主任研究員の野々村卓美さんは「メスガニの産卵や稚ガニの成育が守られる」と指摘する。実際、試験場が平成20年度に行ったカニ牧場3千ヘクタールでの生息調査では、推計で甲幅7~8センチのメスガニ40万匹以上を確認し、計画時に見込んだ6・3万匹を上回ったという。

 漁獲量の回復はこうした増殖に加え、漁業者らによる自主的な資源管理の徹底が大きい。県内の松葉ガニ漁は水深の深い場所で網をひく沖合底びき網漁で、近年は県東部を中心に24隻が漁を行っている。漁期は11月6日から翌年3月20日(メスは12月31日、脱皮半年以内のオスは翌年2月末)までに自主規制し、漁獲量も漁業者らで組織する「日本海ズワイガニ特別委員会」で設定、漁獲可能な甲幅や操業禁止水域も決めている。

 こうした取り組みの結果、鳥取県産の松葉ガニの漁獲量は16年度に1587トンにまで回復。ここ5年間は28年度937トン、29年度824トン、30年度899トン、令和元年度806トン、2年度731トンと安定している。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus