ビジネスマンはアスリート

元ゴールドマン・サックス社員が“自転車屋”に転身 最強ホビーレーサーの次なる道は (1/2ページ)

SankeiBiz編集部
SankeiBiz編集部

 趣味のスポーツと仕事を両立するビジネスマンの日常生活にフォーカスする連載「ビジネスマンはアスリート」。第4回は自転車のアマチュアロードレース界で「最強の自転車ホビーレーサー」と呼ばれている六本木エクスプレス(東京都目黒区)代表の高岡亮寛さん(44)。昨年、約19年間勤めた米投資銀行のゴールドマン・サックスの日本法人を退職し、都内にスポーツバイク専門の自転車店を開業した。エリート金融マンからの転身に驚く周囲をよそに、「一度しかない人生、やりたいことに挑戦したい。失敗しても、それもまた勉強」と持ち前のフロンティア精神で新たなステージに臨む。

 周囲を驚かせた転身

 自転車競技を一般的な陸上競技に例えると、「ロードレース」は持久力とスピードで長距離を競う、いわゆるマラソンのような競技だ。そのアマチュアロードレースの最高峰といわれる「ツール・ド・おきなわ」の市民210キロの部で、高岡さんは2007年の初優勝以来6度もの優勝を果たしている。

 これらはすべて会社員時代の戦績。体力勝負といわれる外資系金融マンの仕事の傍らに獲得したものだ。自己管理のストイックさは周囲のサイクリストからも一目置かれる。どんなに仕事が忙しくても、レース本番に向けてコンディションを仕上げていく「ピーキング」は、本人も「ほぼ外したことはない」と言い切る。「国内最強のホビーレーサー」たる所以(ゆえん)はそこにある。

 そんな「アマチュアレーサーの星」ともいえる高岡さんが会社を辞め、東京都目黒区に自身の自転車ショップをオープンしたのは2020年4月。その突然の転身はロードレース界隈で話題となった。店の名は、自らリーダーを務める強豪チーム「Roppongi Express」の名を冠した「RX BIKE」。その自然な展開に、傍目(はため)からは高岡さんがかねてからの夢を実現したかのようにも見えた。

 しかし、高岡さんの口からは意外な言葉が発せられた。

 「自転車ショップの経営を目指して会社を辞めたわけではないんです。とりあえず退職後半年くらいは何もせず、次に何をしようか考えていました」

 ゴールドマン・サックスに入社した2001年当時、外資系金融が就職先として人気が出始めた頃だった。初任給は一般的な日本企業と比べて破格で、その後の待遇も業績次第。そんな実力主義の世界は自分に向いていると思った。担当業務は金利デリバティブ商品の開発。仕事も面白く、能力の高い同僚と切磋琢磨(せっさたくま)できる職場環境は刺激に溢(あふ)れ、頑張れば頑張るほど収入は上がった。勤務環境は恵まれていると感じていた。

 しかし、外資系金融機関は「Up or Out」(昇進か辞めるか)の厳しい世界。高岡さんによると、ある程度資金を蓄えながら次の人生のビジョンを描く人は珍しくはなく、同じ企業に長く勤め続ける人はそう多くない。入社当時は16人いた同期も、退職する頃には自身を含め3人になっていた。

 「会社を辞めたのは遅いくらいです。待遇が良かったので惰性で居続けたようなもので、最後の5年間は仕事を本心で楽しんでいたかというと…給与以外に身を置く理由を見出せなくなっていました。そのために残るのも一つの方法だとずいぶん葛藤しましたが、一度の人生、それは違うと思いました」

 退職を知り、声をかけてきた企業もあった。しかし、「これからの人生をかけてやりたいこと」を考えた結果、「一生関わり続ける」と思い定めた自転車を人生の軸に置くことにした。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus