【東横線追突事故】ATC作動後、雪で滑った? ブレーキも制動力ダウンの可能性 (2/2ページ)

2014.2.15 23:04

東急東横線の元住吉駅で追突事故が発生し破損した車両=15日午前、川崎市の元住吉駅(宮崎裕士撮影)

東急東横線の元住吉駅で追突事故が発生し破損した車両=15日午前、川崎市の元住吉駅(宮崎裕士撮影)【拡大】

  • 東急東横線元住吉駅での列車追突事故の発生について謝罪する城石文明・鉄道事業本部長ら(中央)=15日、国土交通省
  • 雪の影響で東急東横線の元住吉駅で車両の追突事故が発生し、駅は立ち入り禁止となった=15日午前、川崎市の元住吉駅(宮崎裕士撮影)
  • 雪の影響で東急東横線の元住吉駅で車両の追突事故が発生した=15日午前、川崎市の元住吉駅(宮崎裕士撮影)
  • 東急東横線の元住吉駅で追突事故が発生し破損した車両=15日午前、川崎市の元住吉駅(宮崎裕士撮影)
  • 東急東横線の元住吉駅で追突事故が発生し破損した車両=15日午前、川崎市の元住吉駅(宮崎裕士撮影)
  • 東急東横線の元住吉駅で追突事故が発生し破損した車両=15日午前、川崎市の元住吉駅(宮崎裕士撮影)
  • 東急東横線の元住吉駅で追突事故が発生し破損した車両の車輪=15日午前、川崎市の元住吉駅(宮崎裕士撮影)

 また、追突車両には、降雪時にもブレーキ力を保てるように「耐雪ブレーキ」が付いていたが、東急電鉄は「効果がなかった」と説明。追突した運転士も無線で「なかなか速度が落ちない」と運転司令所に連絡していたという。

 一方、運輸安全委員会の鉄道事故調査官は15日、現場を確認。鉄道事故調査官は「特にこれだという原因は分かっていない」としながらも、「(雪で)止まれなかったのも可能性の一つだ」などと、雪の影響も含めて調査を進める方針を示している。

【用語解説】ATC(自動列車制御装置)

 「AutomaticTrainControl」の頭文字。レールを流れる信号電流を車両に搭載されたコンピューターが感知し、先行車両との距離を計算して速度を制御し、車両が衝突するのを防ぐ装置。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。