高速バス、後絶たぬ事故 過労運転防止策進むも…

2014.3.25 20:14

 関越道ツアーバス事故を受け、国土交通省は過労運転防止に向け制度の見直しを進めてきた。

 国交省は、運転手の負担を軽減するため、平成24年7月から夜間運転を対象に、運転手1人当たりの走行距離の上限を670キロから400キロに下げ、上回る場合は運転手の交代を義務付けた。これにより、東京-大阪駅間(516キロ)などで運転手2人態勢が取られることになった。

 高速バスの事業形態の再編にも着手。以前は、決まった路線を運行する乗り合いバスと、旅行会社などが貸し切りバス事業者に運行を委託するツアーバスの2種類があったが、運行の責任主体などが曖昧となった関越道の事故を踏まえ、ツアーバスの業態を廃止、新たな乗り合いバス事業に一本化することを決めた。

 しかし、今月3日に富山県の北陸道小矢部川サービスエリア(SA)で宮城交通の夜行バスが大型トラックに衝突、計2人が死亡するなど、高速バスの事故は後を絶たない。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。