東芝研究データ流出、元技術者を起訴 不正競争防止法違反罪で東京地検

2014.4.3 20:00

 東芝の半導体の研究データが韓国のライバル企業に不正流出した事件で、東芝の業務提携先メーカーの元技術者、杉田吉隆容疑者(52)=北九州市=が「転職を有利にするため、優秀な研究者に見えるようにデータを利用した」と供述していることが3日、捜査関係者への取材で分かった。転職先では役員級の待遇を受けており、データ提供の見返りだったとみられる。東京地検は同日、不正競争防止法違反罪で、杉田容疑者を起訴した。

 起訴状によると、杉田被告は半導体メーカー「サンディスク」の技術者だった平成20年1~5月、東芝の開発拠点の工場で、「NAND型」フラッシュメモリーの最新の研究データを記録媒体に不正にコピー。韓国の半導体大手メーカー「SKハイニックス」に転職後の同年7月以降、SK社の社員らにデータを提供したとしている。

 NAND型は東芝の主力商品で、研究データは社内でアクセスが制限されるなどした「営業秘密」だった。杉田被告にはアクセス権限が与えられていたが、コピーしたり、退職後に秘密を漏洩(ろうえい)したりすることを禁止されていたという。

 SK社ではコピーしたデータを基に作成した資料をスライドで上映して多数の社員に見せたほか、フラッシュメモリーの開発担当者にメールで送っていた。

 捜査関係者によると、杉田被告はサン社で19年に降格処分を受けており、周囲には待遇への不満を漏らしていたという。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。