再生エネ買い取り、来年1月再開 九電、無制限出力抑制事業者に (1/2ページ)

2014.12.23 05:00

 経済産業省は22日、九州電力など電力6社を、太陽光など再生可能エネルギー発電事業者に対して日数の制限なく発電した電気の出力抑制を求めることができる「指定電気事業者」に指定した。

 これを受け、九電は同日、出力抑制のルールを見直す制度改正が実施される来年1月中旬をめどに、接続申し込みが殺到している太陽光など全ての再生エネの買い取りを再開すると発表した。

 九電は既に815万キロワットの太陽光の接続を承諾しており、受け入れ可能量(817万キロワット)の限界に迫っているが、接続契約の申し込みは507万キロワットにも上る。

 現行制度では、無償で出力抑制を要請できる期間を年間30日としているが、新制度では、指定電気事業者は無制限に出力抑制を実施できる。

接続枠を確保した発電事業者が…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。