小向美奈子被告に1年6月の実刑判決 覚醒剤所持・使用の罪で

2015.4.27 20:20

AV女優として活躍し、「AVOPEN2014」で出演作がグランプリを獲得したことも(撮影2014年11月)

AV女優として活躍し、「AVOPEN2014」で出演作がグランプリを獲得したことも(撮影2014年11月)【拡大】

  • 東京地裁に入る小向美奈子氏=27日午前、東京都千代田区(蔵賢斗撮影)
  • 2011年2月25日、渡航先のフィリピンから帰国した小向美奈子被告容疑者=成田空港
  • 2011年2月25日、フィリピンから帰国した小向美奈子被告
  • 2014年10月2日、栩内香澄美被告の第3回公判の傍聴券抽選にかけつけた小向美奈子被告=東京・霞が関の東京地裁

 自宅で覚醒剤を所持・使用したとして、覚せい剤取締法違反(所持、使用)罪に問われたタレントの小向美奈子被告(29)の判決公判が27日、東京地裁で開かれた。鈴木巧裁判官は懲役1年6月(求刑懲役2年)を言い渡した。

 16日の初公判で検察側は「常習性が顕著で今度こそ矯正施設への収容が必要だ」と主張。小向被告は起訴内容を認めて今後、薬物撲滅運動に従事することなどを約束、弁護側が寛大な刑を求めていた。

 起訴状によると、小向被告は今年2月、東京都渋谷区の自宅で覚醒剤約0・05グラムを所持したほか、使用したとされる。

 小向被告は平成21年にも覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕され、懲役1年6月、執行猶予3年の判決を受けた。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。