NHK番組で大きな話題となった「レトロ自販機」 いよいよ絶滅の危機 (2/3ページ)

秋田港近くの船舶食料商「佐原商店」のうどん・そば自販機。40年以上にわたって人々に親しまれた=3月7日、秋田市土崎港西
秋田港近くの船舶食料商「佐原商店」のうどん・そば自販機。40年以上にわたって人々に親しまれた=3月7日、秋田市土崎港西【拡大】

  • 太平洋工業製のトーストサンド自販機。調理時間は40秒で、アルミに包まれた温かいトーストが出てくる
  • 富士電機製のうどん・そば自販機。25秒で調理され、温かいうどん・そばが出てくる

 昨年、NHKの「ドキュメント72時間」で秋田港近くの船舶食料商「佐原商店」のうどん・そば自販機が取り上げられた。地元の人たちに親しまれている姿が描かれ、大きな話題となった。今年3月末に閉店となったが、懐かしい味を惜しみ、連日行列ができるほどだった。

 一見すると、単なる自販機だが、地元の人たちを魅了するのは「飲料と違い、お店の人が手をかけて作り、ぬくもりがあるからだ」(越野氏)という。

 うどん・そばの場合、店が麺や具材、だしを用意し、下調理してから自販機に設置する。このため店によって味が異なる。関東と関西の自販機では全く味が違うという。ハンバーガーやトーストサンドも同様だ。

 その分、店側の負担は重く、下調理の準備や在庫を補充する必要がある。最近はオーナーの高齢化で後継者がいないため、閉店する店舗が増加している。さらに自販機も老朽化で動かなくなり、年々減少している。

 レトロ自販機の人気で、生産復活を望む声もあるが、75年~95年まで、うどん・そば自販機を製造した富士電機広報IR部は「今は生産できる人や設備がない」としている。75~78年までトーストサンド自販機を製造した太平洋工業も同様に生産できないという。

レトロ自販機の役目は終わり、絶滅する方向へ