いつまで「ガキ使」を叩き続けるのか 何度も炎上した私が考える「バッシングの許し時」 (1/4ページ)

【ニッポンの謝罪道】 昨年12月31日に放送された『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!大晦日年越しスペシャル! 絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!』(日本テレビ系)で、ダウンタウン・浜田雅功が映画『ビバリーヒルズ・コップ』に登場するエディー・マーフィーに扮し、黒塗りメイクで登場。これが一斉にツイッターで批判の対象となり、その後「人種差別」をめぐり議論が噴出し、問題視する記事も多数登場した。中には日本を「人権後進国」とする記事も出た。

「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 大晦日年越しスペシャル! 絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!」の制作発表会見

「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 大晦日年越しスペシャル! 絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!」の制作発表会見

 日本在住13年のアフリカ系アメリカ人作家、バイエ・マクニール氏は、番組放送後に「いますぐやめろお願いします  #StopBlackfaceJapan #日本でブラックフエイス止めて」とツイートした。これは当事者からの貴重な提言である。

◆怒り続けるネット民

 さて、本稿はこの件を題材とするが、「人種差別」や「人権」を論点にしたいのではない。「謝罪道」に関する連載のため、謝罪と対をなす一般論としての「許し時」についての話だ。日本テレビは1月9日現在、謝罪をしているわけではないが、今回の件は、番組OAから10日経っても許さない人がツイッターには多数いる。

「ブラックフェイス」というワードを含むツイート数の推移

「ブラックフェイス」というワードを含むツイート数の推移

 そして12月31日や1月1日段階で怒っていた人はまだ怒り続けている。このように問題視する人もいれば、何かと差別認定し一斉糾弾する状況に嫌気がさした人々による「黒人を差別した国の文化を日本に持ち込むことはいかがなものか?」的な応酬もあり、おさまりがつかない状態となっている。

 叩きの手綱を緩めない人からすれば、「謝罪していないんだから許すわけないだろ」と言うのかもしれないが、彼らは「許し時」「叩きの辞め時」はどう考えているのだろうか。ここではネットにおける「許し時」について考えたい。

◆バッシングは娯楽化している

 そもそも「許す」「許さない」というが、基本的にはネットの炎上やら電凸やらは当事者以外の「怒りの代理人」がプンスカ怒っているだけで、その当人にとっては「不快になった」以外の実害はない。怒る大義名分としては「差別を放置していては社会がおかしくなる」「差別放置国家として世界から日本がバッシングを受け孤立する」といったものがある。だからこそ、同様の意見を見つけてはそれらをRTし、持論を強化し、日テレ叩き、さらには差別に無自覚な日本社会への批判へと繋げていく。

「いつまでやるの?」とも考える