「におう」天王星 温泉の臭い?

無人惑星探査機ボイジャー2号が1986年に撮影した天王星(NASA提供・共同)
無人惑星探査機ボイジャー2号が1986年に撮影した天王星(NASA提供・共同)【拡大】

 米航空宇宙局(NASA)は24日、太陽系7番目の惑星の天王星を覆う雲に、温泉や腐った卵が臭う原因の硫化水素が存在することが分かったと発表した。

 観測した研究者は「以前からにおう(怪しい)と思っていたが、ついに尻尾をつかんだ」とコメント。ただ天王星の外側は氷点下200度ほどで、近づいて臭いをかぐことは不可能だとしている。

 NASAなどのチームは、ハワイ島のジェミニ北天文台に設置した赤外線望遠鏡で、天王星の雲が反射する太陽の光を観測し、含まれる成分を調べた。シグナルが弱かったが10年近くかけて分析し、雲の上部に硫化水素が含まれることを確認した。

 天王星の外側には水素を主成分としたガスの層がある。同じような環境の木星や土星の雲では、アンモニアが見つかっており、硫化水素の存在は衝撃的な違いだという。成分の違いは、これらの星がどのようにできたかを探る手掛かりになるとみられる。(共同)