世界の特撮映画やコミック、アニメが大集合 東京コミコンが11月30日から幕張メッセで開催 (1/4ページ)

 2017年12月に千葉市美浜区の幕張メッセで開催され、4万人もの来場者を集めたポップカルチャーイベント「東京コミコン」が、今年も11月30日から12月2日まで幕張メッセで開催されることが決定した。ハリウッドの特撮ヒーロー映画やコミック、アニメーション、そして日本の人気作品が大集合し、最新情報の提供やグッズ販売などを行って盛り上がる。先だって行われた「東京コミコン2018」の開催決定発表会では、東京コミックコンベンション実行委員会名誉会長の山東昭子参議院議員(自民党)が「ハリウッドのスターやグッズといった本当にワクワクするものがある」と話して来場を呼びかけた。

左から胸組光明実行委員会実行委員長、山東昭子参議院議員、中川翔子さん、マイケル・ルーカーさん

左から胸組光明実行委員会実行委員長、山東昭子参議院議員、中川翔子さん、マイケル・ルーカーさん

 「10万人集まるかも」と言うくらいの企画用意

 「コミコン」は、アメリカのカリフォルニア州・サンディエゴを発祥の地として開催されているポップカルチャーイベント。最近はニューヨークや欧州など世界各地で「コミコン」の名を冠したイベントが開催されるようになっている。日本では2016年に1回目が開かれ3万人が来場。昨年は規模を広げハリウッド俳優のゲストも登場して賑わった。今年は「3、4割パワーアップした出展者に出ていただける」と実行委員会実行委員長の胸組光明氏。映画に関する展示も行い、ハリウッドスターも呼んで5万人を集めたいと意欲を見せる。

「毎日コスプレして会場を歩きたい」